埴生神社の様子
 

[ 兼務神社 ] の最近のブログ記事

やっぱり

20221127.jpeg本日11月最後の日曜日、昨日の不安定なお天気もどこへ行ったのか雲1つない良いお天気

今日もお参りの方で境内が賑わいました

私は合間の時間で兼務神社の七五三へと行ってきたのですが、こちらも紅葉が綺麗です

昨日雨に濡れた紅葉も素晴らしいと思ったのですが、晴れているとやっぱり良いですねぇ

来月の9日〜11日まで開催される栄町安食の大鷲神社の酉の市は、今年もある程度縮小開催となりますが、皆様に福をお分けするためにお待ちしております

新嘗祭

20221123.jpeg本日は新嘗祭

全国のお社では天神地祇に新穀や収穫されたものを供え感謝の報告をし、その後そのお供えを自分たちも食べるお祭りです

と現代ではわかり易く説明しておりますが、この新嘗祭について宮中では神祇令、職員令(しきいんりょう)や延喜式、中臣寿詞(なかとみのよごと)等の古い文献からもわかるように重儀として齋行されます

朝一で神社で齋行後、雨の兼務神社でも齋行

赤荻稲荷神社

20221114.jpeg本日は、空港移転で近々引っ越しをされるお家の氏神様・井戸・植樹・神棚等々のお祓いを終えた後に、神社での七五三やお宮参りのご祈祷、午後からは赤荻の稲荷神社にて新嘗祭を齋行

準備を区民会館にて行い、神社までゾロゾロと参進するのですが、区民会館に入った途端に氏子さんからちょっと葬式で何人か骨を拾ったのでどうしようかとの相談を受けました

急遽大祓にてお祓い、皆さん心身ともにスッキリでお祭りに臨みました

私の住んでいる地区でもそうですが、お葬式を出したお家の方は1年お祭りに参加するのを控えたりすることが多いのですが、せっかくのお祭りですからお祓いを受けてお祭りに参加してして頂ければ有り難いと存じます

新嘗祭始まる

20221113.jpeg本日は日曜大安

七五三のご祈祷のピークではありますが、朝一で富里御料宮内鎮守の豊受神社の新嘗祭を齋行

こちらの地区は開墾地としてさまざまな地から移転してきた人が多いのですが、神社があると新住民の心の拠り所として是非とも建てたいと約20年ちょっと前に創建された比較的新しい神社です

まだ農家さんも多いので、神饌の量はとにかく凄いです

帰りに氏子さんから神主さん持ってってくれと、お預かりするのですがそのまま行商出来るほど...

皆さん気立ての良い方ばかりで、朝の早い時間から本当に気持ちが良いです

夕方には

20221110.jpeg今年はちょっと遅い落ち葉が落ち始めました

朝掃除をしてから、夕方までにはほぼ無風であってもちゃんと落ちてきます

ということは、風がふけば掃除をしている最中でもどんどん落ち葉が積もります

時間があれば、夕方にも落ち葉集めをしたりと、しばらく落ち葉との攻防が続きます

忙しい時期に、朝掃除に時間を取られて、毎年毎年同じ思いをするわけですが、時間がゆっくり流れる神社の世界ではこういった四季が感じられるのがまた良いものです

年に数度

20221105.jpeg安食鎮守の大鷲神社

年に数度、鳥居を車が通り、階段に引っ掛かってしまう事例があります

どうやら脇の駐車場へ入る入り口緩やかな坂道になっているので、勘違いをされる方が多いようです

ただ、そのほとんどは夜中に起きていることで神社等に報告も無く、新しく出来る削れた階段の傷で気付くことが多いのです

神社としても、大事故になっては危ないとのことで注意喚起のパイロンを設置しました

どうぞお気をつけ下さいませ

大切なお米

20221017.jpeg本日も朝から神嘗祭にて各神社の祭典が続きます

そんな中、地元の小学校の授業の一環で稲作があるのですが、田植え・稲刈りを終え脱穀したお米が本日めでたく御殿に奉納されました

総代さんや地元の方が子ども達が笑顔で収穫できるようにと、収穫までは総代さんや地元農家の方でこまめに管理をして頂いております

そんな貴重なお米を祭典終了後、頂けることになりました

あらためて神社でまた御殿にあげ、ご報告と感謝

神嘗祭

20221016.jpeg今週より各地の兼務神社で神嘗祭が執り行われます

自分の家の氏神様の幣束を新調し、収穫した神饌に甘酒を添えるというのが、この辺の古い習わしではありますが、今も継続してらっしゃるご家庭も少なくなってきました

その後に地元神社にて神嘗祭に参列・参拝、改めて収穫の感謝を捧げます

それにしても秋晴れの中でのお祭りは本当に気持ちが良いですね

地鎮祭や、兼務神社の七五三、神社でのご祈祷、兼務神社の神嘗祭とバタバタしますが、お天気で何よりです

剪定

20221012.jpeg兼務神社で郷部内に鎮座する土師神社の椎の木が、奥のアパートの敷地内への落ち葉が凄いということで、今後の事を考え伐採するか剪定にするかと神社総代さん方と約1ヶ月ほど悩んだあげく、今回は剪定で何とかやり過ごすことになりました

業者の方が枝を払うと、一部の直径30センチくらいの枝は中が空洞になっていて、いつ折れて落ちてもわからない状態だったので、今回タイミング良く剪定できて助かりました

看板設置

20220924.jpegそろそろ神社にも七五三のお参りが増えてきました

電話での問い合わせにも、七五三の看板ってもう出てますか?と受けることもしばしば

例年なら10月に入ってから出すのですが、ご要望ありという事なので、今年は早めに設置

ご予約の多い日には、本人のご家族様のみの御昇殿にてご祈祷となります

おじいちゃん、おばあちゃん、ご親戚の方は境内にてお待ち頂きますのでご了承下さい

2022年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の写真

  • 20221127.jpeg
  • 20221123.jpeg
  • 20221114.jpeg
  • 20221113.jpeg
  • 20221110.jpeg
  • 20221105.jpeg
  • 20221017.jpeg
  • 20221016.jpeg

月別 アーカイブ