埴生神社の様子
 

[ その他 ] の最近のブログ記事

行事の調整

20221125.jpeg本日は夕刻より、小学校へと出かけました

来年創立150周年を迎えるにあたり、記念式典や祝賀会の日程調整が本日のメイン

学校行事や地域の行事等を確認、とりあえず来賓をどこまでお呼びするかという点もまだですが、この日だったら大丈夫だろうという日をピックアップ

お尻が決まったので、各担当委員会にて逆算、いよいよ動き本格的に動き始めることとなりそうです

いざ決勝へ

20221122.jpeg本日はカミさんと神宮球場へ

明治天皇御生誕百七十年記念、第五十三回明治神宮野球大会の東都1部1位の國學院大學、関西五連盟第一代表の大阪商業大学の準決勝を観戦

安定感の強さが勝敗を別けたといったところでしょうか6-2で國學院大學の勝利

昨年より1つ成績を伸ばし決勝へと進みました

お腹も空いたので、神宮球場が丸見えのお向かいの日本青年館にてランチ

お腹も一杯になって、ウチに着く頃にはもう1つの試合もちょうど終了、決勝は國學院大學vs明治大学

花形の六大学野球と、渋い野球の東都大学野球連盟、気になるところです

防犯パトロール

20221118.jpeg本日は18時から防犯パトロールへと出かけました

成田市の防犯事務所に集合、今回は地域の防犯委員の方と健全育成協議会のメンバーだったのですが、一般で募った防犯推進員の方や学校のPTAや地域の子ども会等様々な方が防犯パトロールに携わっております

巡回順路はその時々によって様々ですが、今日はJR西口から京成の東口に抜け、周辺の公園等を重点的にパトロール

防災に備えが必要なように、防犯にも抑止力や万が一の備えが必要です

安心安全より良い成田の町のためにお役に立てれば嬉しいです

とはいえ小1時間歩け歩けなので、寒さが厳しくなったとはいえかなり暖かくなります

久しぶりの小学校へ

20221115.jpeg本日は学校評議員として小学校へと行ってきました

校長先生から小学校の前期の成果と今後の課題等の説明を受けた後に、授業中の校内を1周

可愛らしい子ども達の姿がなんとも言えません

最後に校長室にて、コミュニティ・スクール(学校運営協議会)についての説明を頂きました

学校と地域の連携・協働を推進していこうという仕組みですが、この成田小学校では既に地域の成田地区健全育成協議会、成田地区民生委員・児童委員、青少年相談員成田地区、成田地区子ども会、成田地区社会福祉協議会等々で既にかなり地域との関係が深く、さらにお祭り等を通して縦横のつながりもかなり充実している学校だと思います

校長先生からもこの点については他の地域の学校よりもかなり良い環境下にあるとおっしゃって下さいました

あと、2,3年後には校舎の新築も始まるようですが、心身ともにより良い学校生活が出来るようこれからも地域のおじさんとしてお手伝い出来ればと思います

お江戸へ

20221108.jpegハルの大学の実習にて袴等が必要とのことで、お江戸の装束屋さんにてお買い物

ついでに自分の狩衣や足りないものも合わせて購入

さて、用事も済ませたもののこのまま成田に帰るのもまだ時間が早いなぁと思いつつ、まだお参りしたことのない牛込の赤城神社へ参拝

お洒落な社殿で、今後改修改築新社殿を考えている神社にとっても参考になる社殿だと感心

お腹も空いてきたので神楽坂にて遅めのランチ

お江戸を満喫しました

明治神宮野球大会へ

20221025.jpeg先日の崖っぷちからの勝利により、リーグ最終戦での優勝が決まるかどうかの展開に、どうしても観に行かないとという使命感に駆られ、午後一のご祈祷後、神宮球場へと向かいました

前の試合がちょっと延びて、着いた時にちょうどプレイボール

3回に先取点をあげ、5回に1点返されるも、試合展開としては大きく動かず(まぁ東都らしいです)

しかし、8回貴重な1点を入れ9回裏の最終守備、1点を返されなおランナー3塁

それでもサードゴロに抑えて秋季連覇、明治神宮野球大会の切符を手にしました

4年ぶりに

20221011.jpeg郷部消防団では、本年度の操法大会に4年ぶりに出場します

夜な夜な訓練をしているのですが、団員もしっかりと4つ歳を重ねている訳で、選手の方の身体の心配の方が気にかかります

新入団員に是非とも入団してほしいところではありますが、中々足を踏み入れづらい領域でもあるため、ここ何年も同じメンバーで私の年齢で団員の真ん中くらい、卒団もままならず高齢化を迎えております

サラリーマンの方でも問題無く入団できますので、郷部区だけではなく成田市内全域各地区にて是非お声を掛けていただければ幸いです

一先ず安心

20221005.jpeg先月から検査と結果確認で病院へ足繁く通っておりますが、今日はポリープ摘出の確認にてまた病院へ

麻酔でうろ覚えだった「2個取りましたからねー」の結果は、その通り2つ摘出していたようでした

それでもポリープ自体は悪性のものではなく、大腸検査も5年に1回くらいで良いんじゃないですか

と、医師からアドバイスを頂きましたが、ちょっと怖いので2年に1回くらいのペースで検査をしていきたいと思います

これで、とりあえず全ての検査結果は大丈夫ということになりました

何だかホッと安心

ご縁を感じます

20221001.jpeg秋の高校野球県大会もいよいよ準決勝

とはいえ、本日は朔日

外の仕事も良く事情を理解してくださる方の身内ということで、出来るだけ早い時間帯に調整して頂きました

お陰様で最初から最後まで応援をすることが出来、さらに決勝(関東大会出場)への切符も勝ち取る事が出来ました

高校としては地元唐川選手在籍以来の16年ぶりということで、みんな大喜び

そんな中、ちょっと別の意味で鳥肌が立った私...

良く事情を理解してくださったご祈祷は、唐川選手の妹さんだったのですから

彼岸入り

20220920.jpegお彼岸はご先祖様を供養する仏事と思われがちですが、実は神道でもご先祖様をお祀りしているのでお盆もお彼岸も迎えます

とはいえ、お彼岸の由来については国分寺の僧に春分・秋分を中心とする七日間に金剛般若波羅蜜経を読ませる命令が出ているのが元になっているのですが、何故お経を読ませた(転読させた)のかというと、桓武天皇の弟、早良親王が皇太子位を剥奪、幽閉されお亡くなりになりました。その後、桓武天皇の周りで次々と不幸が続き、早良親王の祟りとされたため、その怨念を鎮めるためという記録があり、転じて亡くなった方の御魂を慰める為にお彼岸を迎えるようになったのではと推測されます

春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、「秋分の日」は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」とされていますが、かつての春季皇霊祭・秋季皇霊祭と呼ばれていた頃には、神武天皇を始め歴代天皇・皇族の御霊をおまつりしておりましたので、上記の由来もあながち間違いではないのかもしれませんね

2022年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の写真

  • 20221125.jpeg
  • 20221122.jpeg
  • 20221118.jpeg
  • 20221115.jpeg
  • 20221108.jpeg
  • 20221025.jpeg
  • 20221011.jpeg
  • 20221005.jpeg

月別 アーカイブ