埴生神社の様子
 

[ 埴生神社 ] の最近のブログ記事

千葉県神社庁拡大委員会&忘年会

20221128.jpeg本日は午後から千葉県神社庁の拡大委員会にて千葉市へと出かける事になっていたのですが、ご祈祷の時間がちょっと遅くなってしまい、30分ほど遅参となりました

それでもそこから1時間半休憩もなく会議...他の方の事を考えると本当に申し訳なく思います

その後は神社庁の忘年会

久しぶりに会う方も多く、長くは話せませんでしたが、皆さん元気そうなのが何より

電話やネットとはやっぱり違って、会ってお話をするという何気ない事が、とても大切な事だと再確認

雨でも

20221126.jpeg日中雨に打たれ、七五三のお参りもお子さん方を抱っこしたり、車の乗り降りも傘をさしてあげたりと、悪気はない雨にちょっと煩わしさを感じてしまいますが、それでもご家族の笑顔が気持ちを晴れやかにしてくれます

また、日が陰っていると濡れて濃くなった楓の木と、落ち葉の赤のコントラストがまた良い感じで、こちらも雨とはいえ気持ちが和みます

残すところわずかとなる紅葉も場所によっては段々と葉っぱの数が少なくなってきておりますが、この色味が七五三の艶やかな着物の色とホント良く合います

お正月へ向けて

20221124.jpeg日中は新嘗祭にて天神地祇に新穀や収穫されたものを供え感謝の報告

そして昨晩遅くにはFIFAワールドカップカタールにおいて、日本がドイツに2-1のジャイアントキリングを成し遂げ、代表選手や監督・コーチ関係者、応援をして下さった日本の皆さんに心から感謝

ちょっと眠い目を擦りながら今日は、ご祈祷をしながらいよいよ正月へ向けて動き始めます

とりあえず正月3が日の特別御朱印の御案内

元日8:00〜16:00まで、4日以降も紙の種類が変わりますが1月中は全て書き置きでのお渡しとなります

新嘗祭

20221123.jpeg本日は新嘗祭

全国のお社では天神地祇に新穀や収穫されたものを供え感謝の報告をし、その後そのお供えを自分たちも食べるお祭りです

と現代ではわかり易く説明しておりますが、この新嘗祭について宮中では神祇令、職員令(しきいんりょう)や延喜式、中臣寿詞(なかとみのよごと)等の古い文献からもわかるように重儀として齋行されます

朝一で神社で齋行後、雨の兼務神社でも齋行

さすが女性陣

20221121.jpeg本日は、カミさんは朝から女子神職会にて房州の方へお出かけ、山ちゃん(事務員さん)はお休み、ジジはお買い物と、神社で1人お留守番

七五三のご祈祷をしながらのんびりしていると、スーツを着た見覚えのある顔が十数人

そういえば、神青会(千葉県の神主さんの比較的若い会)が本日成田山散策と佐倉の麻賀多神社正式参拝、甲子の飯沼本家への研修だったなぁ

成田山から近いとはいえ歩いてわざわざ神社まで顔を見せに来てくれて、お土産まで頂戴、女性陣からもしっかりご挨拶と別にお菓子を頂き有り難かった反面、お茶も出せずに失礼してしまったと反省

夜、子ども達の晩飯を準備(買ってきたもので...)、カミさんの帰りを待っていると、そのまま行商できるのではないかというくらいのお土産を抱えて、いや抱えきれない程車に積んできました

中には伊勢エビまで!さすが女性陣!

一方何も気の利かない、使えない男子でした...

色取り取り

20221120.jpeg七五三も最大のピークは過ぎたようですが、ここ近年窺い知れる様に11月いっぱいの土日祝日、そして12月中ばまで意外と続きます

期間中はお祝いのお子さま、ご兄弟の方に風船をご祈祷後に差し上げているのですが、中学生くらいの子でも受け取って笑顔になる子や、逆にまだ小学校2,3年生くらいの子でも「いや、結構です」とお断りくださる子も中にはいらっしゃいます...その時の大人な感じの断りかたがまた可愛くて面白いです

お赤飯

20221119.jpeg本日も七五三、初宮参り等で、境内は賑わいました

そんな中、賽銭箱の上や、裏の浅間様にはお赤飯がお供えされております

この辺りではお宮参りは1社だけではなく、昔から産土神社や崇敬神社、地域の神社仏閣にお参りをし、その都度1口サイズのお赤飯をお供えする慣しがあります

今では市販されているお赤飯をあげる方もいらっしゃいますが、まだまだ各家庭に伝わるお赤飯を炊いてお供えする方も多いようです

盛りかたも半紙にのせたり、葉っぱにのせたり、器にのせたりと様々ですが、今日は落ち葉付きのお洒落な感じでした

お子さまの健やかなご成長を心より祈念申し上げます

緑青(ろくしょう)

20221117.jpeg境内摂末社の子安神社の銅板に緑青が吹いてきました

最初のうちは、ピカピカの銅色だったのですが酸化してくるとこのような青みがかった緑に変色してきます

環境下によってはかなり早い時間でこのように変化しますが、決して錆びているわけでは無いようです

表面に皮膜を作り、これ以上の腐食を防いでくれたり、殺菌効果があったり、また見た目が美しいなど悪いことは無いようです

一昔前までは、緑青には毒性があると誤解されておりましたが、今では成長率・生存率・妊娠・出産に影響する遺伝障害や健康被害等も一切見当たらないとされております

給水設備等は銅管が使用されていますものね

本当に晴れるのかな?

20221116.jpeg今朝から、濃霧

こんな日は晴れて良いお天気になるのですが、今日の霧は中々晴れてくれません

霧の奥の方にもうお日様が随分と登っているのが確認できるのですが、いつまでも不思議な世界観が神社を取り巻きます

朝掃除が終わって部屋に入り、袴に着替えていざ社務所へ出てくると、そのわずか5分10分の時間で景色は一変

太陽の暖かみが直接感じられ程の良いお天気となりました

新嘗祭始まる

20221113.jpeg本日は日曜大安

七五三のご祈祷のピークではありますが、朝一で富里御料宮内鎮守の豊受神社の新嘗祭を齋行

こちらの地区は開墾地としてさまざまな地から移転してきた人が多いのですが、神社があると新住民の心の拠り所として是非とも建てたいと約20年ちょっと前に創建された比較的新しい神社です

まだ農家さんも多いので、神饌の量はとにかく凄いです

帰りに氏子さんから神主さん持ってってくれと、お預かりするのですがそのまま行商出来るほど...

皆さん気立ての良い方ばかりで、朝の早い時間から本当に気持ちが良いです

2022年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の写真

  • 20221128.jpeg
  • 20221126.jpeg
  • 20221124.jpeg
  • 20221123.jpeg
  • 20221121.jpeg
  • 20221120.jpeg
  • 20221119.jpeg
  • 20221117.jpeg

月別 アーカイブ